しみやそばかすを改善するために|効果的な成分が配合されている薬

目的に合わせて選択

栄養剤

使用方法を守りましょう

しみやそばかすに働く薬は二つのタイプがあります。一つは飲むタイプであり、もう一つは塗布するタイプです。それぞれ目的や部位、状態に合わせて選択することをおすすめします。塗布するタイプは最近ではハイドロキノンと呼ばれるアイテムが販売されています。ハイドロキノンは作用が強く塗布することで肌を漂白する働きがあるものです。このため、肌が弱い人が使用すると悪化させてしまうケースもあるため注意が必要です。また、しみやそばかすに塗布したあとに日光に当たると余計に濃くしてしまう可能性があるため、使用後は日光に当たらないようにするか、日焼け止めなどを使用する必要があります。このように使用する薬によって注意が必要なものもあるため、用法や用量をよく確認することをおすすめします。

メラニンの生成を抑える

しみやそばかすに対応してくれる薬の特徴としてメラニンの生成を抑えることが挙げられます。紫外線を浴びることで肌のメラノサイトではメラニンを生成し肌を黒くする色素へと変化します。このため、たくさんの紫外線を浴びた後にしみやそばかすに対応する薬を塗布したり飲むことによって、メラニンの生成を抑えて、しみやそばかすを防止してくれるのです。またできてしまったしみやそばかすに対しても同じように働らいてくれるため、少しずつ薄くしてくれるのが特徴です。最近の薬は飲み薬も塗り薬も働きを感じやすいものが多く継続して使用することによって、肌の変化を感じられるアイテムが豊富です。このため、エイジングケアを気にする女性の間では多く利用されています。